真の日本精神は世界を変える>総裁>大塚寛一総裁と「真の日本精神」を伝える運動

   
    

 「真の日本精神」を伝える運動は、総裁・大塚寛一先生が創始した運動です。
 大塚先生は、人類は「夜の時代」から「昼の時代」への大転換期にあると説いています。そして、この転換期の世界を「明けゆく世界」と名づけています。そして、真の日本精神は、新時代の指導理法であることを明らかにしています 。







 総裁・大塚寛一先生について 
 総裁・大塚寛一先生の訓話 

 大塚先生は、明治24年(1891)5月3日に、徳島県に生誕しました。幼少より日本の進路、世界の将来を的確に予見するなど、神童と仰がれていました。
 戦前、大塚先生は、事業を営むかたわら、時の指導層に「大日本精神」と題する建白書を送付し、国家の危機を救う活動を行ないました。
 戦後、大塚先生は、昭和22年2月に、宗教法人神霊教を開教し、奇蹟実証による救済活動を行なってきました。昭和40年代には、人類存亡の危機を感知し、個人の救済だけでなく、国家・世界をも救済する活動を推進しました。昭和43年6月に、日本精神復興促進会を結成し、その総裁として、「真の日本精神」を伝える運動を展開しました。
 「真の日本精神」を伝える運動は、大塚先生の説く指導理法の下に、日本を再建し、地球に理想世界を建設することを目指しています。
 大塚先生と「真の日本精神」を伝える運動の歩みについて、詳しくは「歩み」の項目をご覧下さい。

ページトップへ戻る   次へ